JAMデザイン
Let's Jam!

Blog

  • 2019.8.2

    ☆アシスタント日記☆vol.1~信州安曇野田んぼアート2019を見てきました!~

    vol.1

     

     

    こんにちは✨

     

    ジャムデザイン事務アシスタントの林🌳です😊

     

     

     

     

    記念すべきアシスタント日記第1回目は、

     

     

     

     

    「信州安曇野田んぼアートを見てきました!」

     

     

     

     

    ということで、概要や感想などを書いてきたいと思います🎵

     

     

     

     

    初めましての方はまずこちらをご覧ください✨

     

     

     

     

    信州安曇野田んぼアートって?

     

     

    信州安曇野田んぼアートは今年が初めての開催になります。

     

    図柄は、今年のNHK大河ドラマ「いだてん」の主演を務める

     

    歌舞伎役者・中村勘九郎さん演じるマラソンランナー、

     

    金栗四三をモチーフにしています🏃‍♂️

     

     

    6月2日(日)には、その中村勘九郎さんと、

     

    安曇野市スポーツ大使で元オリンピック女子マラソンメダリストの有森裕子さん、

     

    田んぼアートアドバイザーとして、俳優の永島敏行さんも参加して、

     

    仕上げの田植えが行われたとのことです✨

     

     

     

    そもそも田んぼアートとは、

     

    1993年に青森県南津軽郡田舎館村で村おこしの1つとしてはじまり、

     

    現在では全国各地に広まっています。

     

     

    葉や穂が緑や紫、黄色などに育つ古代米などの苗を、設計した通りに植えて、

     

    成長した時に巨大な絵柄や文字を浮き出させます。

     

    成長していく時期によって色合いが変化するので、稲刈りまで楽しめます💡

     

     

    大規模なものの多くは斜め上から見る前提で図案を設計していて、

     

    遠近を考慮して植えられているそうです💡

     

     

    ここ安曇野スイス村では、

     

    6mほどの高さの展望台から90アールの水田に植えられた田んぼアートを

     

    見ることができ、使用された稲の種類は8種類とのことでした。

     

     

    田んぼアート1

     

    田んぼアート2

     

    (2019.7.5撮影)上の写真が、向かって左側に、下の写真が右側になります。

     

     

     

     

    会場はどこ?

     

     

    先ほども触れていますが、田んぼアートのある場所は安曇野スイス村です。

     

    正確には安曇野スイス村の道路を挟んで向かいにある田んぼに作品があり、

     

    スイス村の駐車場内に、観覧用の展望台が設置されています。

     

     

    安曇野インターチェンジから3分と近く、アクセス良好です🚗💨

     

    (この記事最後のリンク参照)

     

     

     

     

    観覧期間と時間は?

     

     

    観覧期間は2019.6.15~2019.9.28となります。

     

    下記は、期間ごとの展望台見学時間になります。

     

     

    6/15(土)~7/12(金)9:00~17:00

    7/13(土)~8/31(土)8:30~19:00

    9/1  (日)~9/28(土)9:00~17:00

     

     

    あくまで、展望台から見学できる期間になるため、

     

    稲刈りの時期については現在のところ不明です。(2019年7月現在)

     

     

     

     

     

    観覧料金(展望台利用料金)は?

     

     

    展望台に上って、田んぼを上から観たり、写真を撮ったりするには

     

    展望台料金が必要になります💡

     

     

    大人(中学生以上)300円(250円)

    小人(小学生)  100円( 70円)

    未就学児童    無料

     

     

    となっています。(カッコ内は団体料金)

     

    入場券の発券機が、スイス村の建物中央の入口に設置されています。

     

     

     

     

     

     

    見ごろはいつ?

     

     

    公式ホームページには、「7月中旬~8月中旬」と書かれていますが、

     

    それを過ぎても、色合いが変化していくのでその変化を楽しむのも

     

    また一つかと思われます。

     

    私が行った日は残念ながらお天気が悪く☁

     

    曇っていたためアルプスは望めませんでしたが、

     

    上の写真の通り、田んぼアートはとてもくっきり、きれいに見えました👀

     

    時間があれば、変化したころにもう一度訪れてみたいと思います。

     

    また、公式サイトにはライブカメラの情報があり、

     

    リアルタイムで様子がわかるので、

     

    お出かけのタイミングを決める参考になりそうです。

     

     


     

     

    最後に、今回田んぼアート初鑑賞してみた感想ですが、

     

     

    すごくハッキリとした絵になっていて感動しました✨(←表現力のなさ…)

     

    稲で作られた絵が、一目で中村勘九郎さん演じる金栗四三だと分かるって、

     

    すごいことだと思いませんか?

     

    子供のころから山と川と田畑に囲まれて育った私ですが、

     

    田んぼがこんなアートな可能性を秘めていたとは!

     

    色々な虫や木の実を取って遊んでいたあの頃の私には

     

    想像もできませんでした😅

     

     

     

    これで、お天気がよく、北アルプスが見えていれば本当に最高だと思います✨

     

    また、個人的には収穫後のお米がどうなるのか気になります🍚🤭

     

     

    ここまで読んでいただき、ありがとうございました✨